ARTISTS meet GAP 50th ANNIVERSARY Limited Collaboration T-Shirts プレゼント!

Gapは、創業50周年を迎えるこの秋、今最も注目すべき10組の気鋭アーティストと手を組み、限定コラボレーションTシャツコレクションを制作しました。

それぞれのアーティストが、Gap50周年のために描き下ろしたオリジナルデザインをプリント。

このスペシャルなコラボレーションによって生まれたTシャツを抽選で50名様にプレゼント!

今すぐ応募して、手に入れよう。

応募期間 2019年8月20日(火) 〜 9月12日(木) 23:59まで

応募方法 STEP1 Gap Japan公式TwitterまたはInstagramをフォロー

Twitter @Gap_JPをフォロー Instagram @Gap_JPをフォロー

STEP2 対象の投稿を「リツイート」

2019年8月20日(火)に、Gap Japan公式アカウントから投稿される10組のアーティストのTシャツのうち、応募したいアーティストのTシャツ投稿をリツイート

対象の投稿に「コメント」

2019年8月20日(火)にGap Japan公式アカウントから投稿される本キャンペーンの投稿に、応募したいアーティスト名をコメント

当選発表

厳正な抽選の結果、当選者の方には、キャンペーン期間中または終了後に、応募されたSNS(TwitterまたはInstagram)のダイレクトメッセージにて当選のご連絡をさせていただきます。賞品のお届けは、9月中旬から10月初旬を予定しております。

Limited Collaboration T-Shirts

YOSHIROTTEN ✕ 永戸鉄也

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
YOSHIROTTEN

YOSHIROTTEN
「暑い熱い東京砂漠をテーマに、サイケデリックな夏を味わってほしくてデザイン。初のダブルネームワーク。(下)」

グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルの垣根を超えたさまざまな表現方法を用いる東京発のグラフィックアーティスト。国内外のブランドへのグラフィック提供や2018年に行った大規模な展覧会が記憶に新しい。
Instagram:@yoshirotten
永戸鉄也

永戸鉄也
「YOSHIROTTENから届いた東京砂漠。そこでずっと光ってたネオンサイン。熱で歪んだ脳内へアフロビートと阿波踊り、ポンチャックディスコが同時に流れだす。(上)」

1970年生まれ、東京都出身。まるで絵画のような精密なデジタルコラージュ作品のみならず、パッケージデザイン、MV/ドキュメンタリー映像、展覧会のキュレーションなど、ファッションから音楽/アートまで幅広い領域でディレクションを行うクリエイター。
Instagram:@tetsuyanagato

たなかみさき

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
たなかみさき

たなかみさき
「新しいロゴマークを作るような気持ちでイラストを制作しました。馴染みのある〈Gap〉マークは直球なので、今回私が作るロゴマークはよく見ないと気づかないくらいの感じに。50周年おめでとうございますって耳元で囁くイメージで。」

1992年生まれ。お酒、歌謡、哀愁をこよなく愛す若手イラストレーター。その同氏の趣味嗜好はアート作品にも散りばめられ、昔懐かしの甘酸っぱいラブストーリーを題材にした“ちょっとえっち”な作風で人気を博している。
Instagram:@misakinodon

オートモアイ

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
オートモアイ

オートモアイ
「背伸びのないデニムにTシャツのスタイル、デニムを脱いで、部屋でリラックスしているシーン。植物は成長の意味もあるので、今後の〈Gap〉の成長も願って。」

可視化されにくくあるストリートで暗黙に繋がる人と人との関係性を、顔のないヒトによって描き出す正体不明のアーティスト。あの“キング・オブ・ストリート”とのコラボレーションでも話題をさらった人物。
Instagram:@auto_moai

酒井 いぶき

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
酒井 いぶき

酒井 いぶき
「小さい頃から馴染みのある“GAPロゴ”を自分なりに変化させたかったのでロゴ生かし&無心でコラージュしてみました。コンセプトはIBUKIです。自分っぽい感じに仕上げました。」

東京都出身、職業モデル、アーティスト。雑誌、ランウェイ、広告などで活躍するほか、テプラやシール、証明写真を使用したアートワークでも注目を集める。水原希子や細野晴臣といったファッション感度の高い著名人からもお墨付きを得るミレニアル世代のアイコン。
Instagram:@iibbuukkii_

ancco

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
ancco

ancco
「〈Gap〉50周年記念ということで、とぼけ顔がチャーミングな主人公のRPGゲームをテーマに架空のキャラクターを制作しました。」

1989年生まれ、2011年よりanccoとして活動をスタート。日々の暮らしのなかで、どこかに存在する女の子を取り巻く世界を描くペインター/イラストレーター。その唯一無二の幻想的な色彩感覚と独特な世界観は、目の肥えた業界人からも評価大。
Instagram:@ancccoo

渡邉直

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
渡邉直

渡邉直
「ジャパニーズパリピ。彼らには、日光で肌が焼け焦げても、海風でベタついても、焼きそばが砂まみれになっても、持ち前のノリと友情と音楽で、森羅万象をエンタメに変える不思議なパワーがあります。夏の猛暑に負けて、活動が収縮されてしまう現代人に彼らのスピリッツを注入!」

1985年生まれ、山形県出身。CM制作会社勤務を経て独立し、以後フリーランスとしてCM/MVなどの演出を手掛けるフィルムディレクター。中毒性のある映像表現やユニークなストーリーテリングで見る者の心に爪痕を残す気鋭アーティスト。
Web:https://watanabenao.com

ユアサエボシ

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
ユアサエボシ

ユアサエボシ
「戦前の子供たちが愛読した雑誌『少年倶楽部』をコラージュした作品を今回使用しました。題名は“魔術”です。」

1983年、千葉県生まれ。大正生まれの架空の画家としてアート作品を制作する現代アーティスト。今回は“魔術”というテーマをもとに、戦前の子どもたちが愛読した児童文学雑誌『少年倶楽部』をコラージュし、未来への希望溢れる作品を提供。
Instagram:@ebosi_yuasa

skydiving magazine

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
skydiving magazine

skydiving magazine
「飛行機の窓の外を飛んでいる蜂が機内から外へ伸びたストローで花の蜜を吸うがごとく悠々とコーラを飲む。壁の外側と内側で、〈Gap〉を超えた世界を表現。」

東京を拠点とする村田実莉と平野正子によって2016年に結成されたアートユニット。また、その名を冠して年2回発行されるヒューマンビジュアルマガジン。アートディレクションのみならず、グラフィックデザイン、衣類製作、撮影まで一環して2人で担う。
Instagram:@skydiving_magazine

KASENO JONES

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
KASENO JONES

KASENO JONES
「飯喰って元気出るみたいに、これ着たらパワーが漲ってくるイメージで作りました。胸ポケットに入れたアイテムもいつも以上のパワーが発揮できるようにエネルギーが注入されていく感じを意識しました。」

1986年生まれ、岡山県在住。エネルギーに満ちた独創的かつ繊細なコラージュで表現するアップカミングな映像造形作家。今回は幼き頃によく見たモチーフや時折見せるエロティシズムではなく、同氏が持つパワー漲るコラージュを存分に作品へと注いだ。
Instagram:@kaseno_jones

NANOOK

Tシャツ リツイートして応募 アーティスト名をコメントして応募
NANOOK

NANOOK
「50周年を祝うため大慌てで道化師が駆けつけました。」

東京都生まれ、アーティスト名の由来は父親がアラスカで出会った犬の名前。浮遊感のあるドローイングを武器に、一度見たら忘れられない作品を描くペインター。今回は、〈GAP〉の50周年を祝福する道化師をテーマに、シンプルながらも謎めいた世界観を表現。
Instagram:@nanoooook

Gap inc.
www.gap.co.jp